読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日吉若と越前リョーマの補欠戦の試合終了後、気づけば拍手をしていた

8月28日ミュージカルテニスの王子様 青学VS氷帝18時公演の補欠戦への感想

リョーマVS日吉くんの試合について覚書です。

油断だったり侮ったりはしてないけど でもどこか根底でまぁ1年だしみたいなところがなきにしもあらずな日吉くんがどんどん追い詰められていくわけですが
東京から1か月見てない間に日吉くんの食らいつき方とか追いつけ追い越せがまさに「下剋上」って感じなんですよ。
中の人的な意味では公演数も経験値も違う。東京ではやっぱり埋められない差があった感じがしましたが
愛知公演での!日吉君!すごかったんです。先輩からの覚悟とか思いを背負っていくって感じがめっちゃ伝わってきたんですよね…
東京はまだいっぱいいっぱいだったのがそういう感情をのせてくるのか!といった感じで
だからこそリョーマと対峙して 戦っていきながら追いつけ追い越せなのが明確にわかるようになった感じがします。
こればっかりはリョーマくんがすごくても成り立たないことで!
日吉くんが最後まで諦めずに食らいつくからこそあの熱量があるなぁと。
リョーマと闘う日吉くんが苦しいしつらい。でもとびきりかっこいい。
内海君が日吉若くんのことをすごく考えて練習してきて公演を重ねていって経験をつんだ成果だと思うので来月の凱旋公演でさらに成長した姿で帰ってくることがすごく楽しみです。

そして古田一紀の越前リョーマ
今回の越前リョーマの補欠戦って今までの試合と意味合いが違うんですよね。
自分がぼろぼろに負かされた手塚が跡部に負けて
あんなに切実に「俺に勝っておいて負けんな」って懇願した手塚が負けたことによって
覚悟と自分が背負うものの大きさを自覚しはじめるのがこの補欠戦なのかなって思ってて。
つまり越前リョーマにとってのターニングポイントかなと。
自分が負ければ青学テニス部は全国へ進めない あの手塚も三年生も引退してしまう。
そんなものを背負って戦うのが主人公である青学1年生スーパールーキー「越前リョーマ」なんですよ!
だからこそ「2か月前高架下で言ったことを覚えているか」と問われて
いつもなら「うぃーっす」って感じなのにこの時は「…はい。」なんですよ。あのリョーマくんが!
この覚悟の重みをセリフにのせる古田一紀のリョーマくんは本当にすごい…。
からの試合ですよ!
3rdはじまって古田のリョーマと対峙した何人ものライバルズが一紀のリョーマのニヤッとした笑顔にイラッとするしぶっ倒してやる!って本気で思うと語っていましたが
今日まじまじと見て本当に挑発とかにやっとした強気な表情とかイラっとさせられて
ぶちのめしてやる!って気持ちにお客の私が思ったので実際に対峙してる日吉くんはもっとそう感じるのかなぁと改めて思いました。
今回マイベス(新曲)で帽子を脱ぐからそのあととか余計に表情がよーーく見えるので…さらに実感させられましたね 本当に。まじでイラっとするのでオススメです!
そして帽子を脱いだ瞬間に顔がよく見えるようになるじゃないですか
その瞬間の瞳がギラギラしてるんです。絶対勝つ、負けたくないというリョーマくんのより一層強い思いが瞳にこめられていて そして汗がキラキラと照明に反射して美しいんですよね…。
不動峰のにゃろぅの汗も美しかったけどレギュラージャージでのきらっと光る汗は、チームのための汗なので本当に胸がいっぱいになります。
そしてスイッチが完全にON!になってから越前リョーマが負ける感じがしなくなるの本当にすごい。
圧倒的主人公。圧倒的スーパールーキーなんです。
あと今回のマイベスは古田一紀くんの越前リョーマだからこその歌詞なのも本当によくって
キャラでもあるけど それは その歌詞は…となるのが個人的にすごく好きで。
素敵な歌をありがとうございますって毎回心の中で拝む。
いつだって毎日全力なのは古田一紀くんも越前リョーマくんも一緒で
だからこそ座長だし主人公なんです!彼は!
スイッチがはいってからのリョーマくんの怒涛の試合展開だとか余裕の笑みすらあって
それと対比するように追い詰められる日吉君のつらいことつらいこと…
でもこうして負けることで日吉くんは強くなるんだなぁと感じてぐっときます。
補欠戦で自分に託されたものの大きさを知り覚悟を決めた上
であんなに楽しそうにそして勝ちに行く貪欲さとかかっこよくてすごいんです。リョーマくん。
あのギラギラした勝ちへの飽くなき欲求が瞳にでていて もうこれは氷帝でしかみられない表情なんだなぁと。
古田一紀くんはオタクだしストイックで頭の回転もはやくって
越前リョーマとしてのセリフとか深く考察したうえで感情をのせたり表情で見せたりするから本当に…すごいんですよ…まじで…※突然語彙力がなくなる
古田一紀くんの越前リョーマに出会えて幸せだなぁと。凱旋でまた成長するだろうからこちらも楽しみです。

本当に8/28のソワレは補欠戦が個人的に一番熱くて…胸がいっぱいになったし
試合結果しってるけれどもどっちが勝つんだろう!って手に汗握るリョーマと日吉くんの対決でした。
互いに全力を出し切ることでどんどんよくなって向上していく、成長していく
テニミュの魅力のひとつですよね…本当に…。

それで今回のタイトルの案件なのですが
補欠戦のリョーマVS日吉の試合が終わったあとに青学と氷帝整列して一礼するタイミングで本来は拍手なんですよ。
東京公演の時はわたしもそうしてたし。いつもそうだから…。
でも今日は違ったんです。
補欠戦終了直後に「越前リョーマが勝った!全国への夢がつながった!やった!」
ってなって心の中で思って無意識に拍手してしまったんですよ…
本来拍手するところではないし 本当にごめんなさい、だったんですが
本能的に拍手をしてしまうほどの熱量と試合展開だったんです。
私以外にも何人か同じような人がいたのか数回拍手した後に
ここするところじゃないじゃん!みたいな空気になってて…
なんかもう私を含めて拍手した方ってあれは本能的にでてしまった拍手で
それくらい今日の補欠戦はものすごい熱量でした。
これのために弾丸で愛知きてよかったなぁと本当に思いました。
それ以外もめちゃくちゃよかったのですか今回は補欠戦だけピックアップしての感想でした。

ここまで読んでくださった神様で
まだ氷帝みてないとかテニミュ見たことない方はぜひ行ってください。
チケットが激戦なのですができる限り協力もしますし当日券もあります。
思い出じゃない、王子様を好きになる夏。氷帝公演は7/14~9/25まで!
公演情報、チケットはこちら 

www.tennimu.com


残りの地方は宮城と福岡。あと上海公演も今回はありましてそのあとに東京凱旋公演となりますので!
初日ダイジェスト動画もございます! 

www.youtube.com



2.5次元舞台が沢山ある中でテニミュもぜひ選択肢にいれていただけたら嬉しいです。
テニミュは有名どころな若手俳優が特別いるってわけではなく
演技経験に問わず「キャラに似ている」のがキャスティング理由なので…。
チケット代も6000円とお手頃ですよ!
ちょっとみたいなーって方は近くのテニミュ行ってる方にお声かけてみてはどうでしょうか?


自分がこの瞬間を忘れたくなくて長々と文章にしました。
誤字脱字はあるけど帰った来たアドレナリンでまくったテンションで書き上げたのでゆるしてください。
私が大好きな青学8代目を劇場でみれる最後の公演なのでぜひお願いします。

スイッチは完全にON!!!!!!!!!!!!!!