読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チアステが楽しくて仕方ない!!

12月9日から18日まで上演中のLive Performance Stage「チア男子!!」こと

チアステの個人的感想。

ネタバレ含みますのでご注意ください。

 

ストーリー

(http://www.cheerboys-stage.com/introduction.html より引用)

道道場の長男・晴希は大学1年生。
姉や幼馴染の一馬と共に、幼い頃から柔道に打ち込んできた。
しかし、無敗の姉と比べて自分の限界を察していた晴希は、
怪我をきっかけに柔道部を退部。

同じころ、一馬もまた柔道をやめる。
一馬はある理由から、大学チアリーディング界初の男子のみの
チーム結成を決意したのだ。

それぞれに事情を抱える超個性的なメンバーが集まり、
チームは学園祭での初舞台を目指すが……。

 

今回の舞台はアニメの方ではなくて

小説がベースなっているのでアニメとはビジュアルが違うのはそれが理由です。

 

あえて新鮮な気持ちで見たかったので原作未読で行きました!

個人的にですが分かりやすい王道ストーリーなので未読でも楽しめます。

努力・友情・勝利!って感じですし

明るいだけでなく挫折や葛藤 各々のコンプレックスや過去が色々交錯していきます。

その挫折とかコンプレックスとか劣等感とかがリアルで胸をえぐられます…。

 

ストーリーというよりかは古田一紀くんのお芝居についての話をメインにしたいと思います。

古田一紀くんの演じるカズは両親がおらず、おばあちゃんと暮らしていたんですけど

おばあちゃんは現在入院中で でもおばあちゃんには何を話しても返ってこないんですよ。

その時の病室での演技とかがすごいんですよ…リョーマだったからわからなかったけど

古田一紀ってこんなお芝居ができるんだ!ってすごく衝撃的で…。

皆の前とかおばあちゃんの前では笑顔なんですけど その裏で抱える葛藤と悩みで

一人になると悲しそうな表情をしたりとか空元気を見せたりだとか

自分が結成したチアのチームは 自分のとある目的の為だから

無理やりやらせているんじゃないか、でもそのことは言えない。幼馴染で親友のハルにさえ…そこのカズの複雑な感情の演技がねすごいんですよ…うまく言えないんですけど…。

怒りと悲しみと自分じゃどうにもできないもどかしさとかそういうのがぐちゃぐちゃになって苦しそうなのが伝わってきて。引き込まれたんです。

とある楽曲で涙を目に溜めていたのですが、あれはカズとしての涙なんだなって思ったら胸がわしづかみにされたような気持でした…本当にあれすごかった…。

歌もダンスもお芝居も繊細で真剣な古田一紀くんはかっこいいし

彼の演じるカズのことを心の底から応援したいなぁって感じました。

 

彼のリョーマを好きになって約2年の月日がたって、

はたして私は彼のお芝居が好きなのか 越前リョーマの彼が好きなのか測りかねていて

それを見極めるのがチアステだったので なんていうか見事に前者で…(笑)

そしてチアステカンパニーは彼が尊敬できる人たちばかりで

隣にいるのは頼れる礼生さんで…一応W主演という名目ですが座長的なところは礼生さんが担ってる感じがしますね。古田くんの暴れ具合をみてると!

でも彼が暴れるのは礼生さんがいる安心感からかなって思うとにこにこしちゃうんですよね…可愛い…21ちゃい愛しい…って挨拶のたびににこにこします。

古田くんには芝居はもちろんですけど彼のつづる言葉の力とか面白さとかあるので

この前発売したユリイカ(http://www.seidosha.co.jp/book/index.php?id=2987)のように好きな事を言葉にすることに秀でているように思うので

古田くんが好きな事を仕事にして生きて行ってほしいなぁとチアステを見た後に思いました。

個人的にはぜひ彼なりのテニミュとかテニスの王子様の考察とかそういうのひたすら聞きたいです。

 

テニミュを通じて古田一紀君の事が好きな人は リョーマじゃない彼のお芝居を是非見てほしいです。

彼の演じるカズは劇場で感じてほしい。映像でもいいけどチアステはやっぱりコーレスがあったりするし あの劇場の空気感が一番最強で最高です。

古田くんがいろんな配信とかイベントで劇場にきてほしいって理由は見ればわかります。

空気感どんな感じ…?って気になる方はダイジェスト動画がありますのでどうぞ~!

↓↓↓

 

初日ダイジェスト動画 ※ネタバレあり

www.youtube.com

 

 

チケットはこちらからどうぞ!

http://www.cheerboys-stage.com/tickets.html

全日当日券も当日引換券もあります。

 

楽曲提供はハイステなども手掛ける和田俊輔さんのかっこいいお洒落な楽曲で

そこにテニミュでおなじみの三ツ矢雄二先生のキャッチーでちょっとださい感じの歌詞がすごく「ブレイカーズ」らしいんです。

曲もめちゃくちゃ多くてミュージカル!って感じです。

キャストみんな歌声も安定しています!

 

アンコールパフォーマンスだとかそういうエンタメ的な意味でも6800円以上の価値はあると思います。

アンコールパフォーマンスはキャラクターじゃなくてキャストとしての特技を披露するみたいな感じなんです…。

とにかくみんなかっこいいんですけど

礼生さん好きな人は絶対絶対アンコールパフォーマンス見てほしいです!死ぬほどかっこいいです!

古田一紀くんのあれもめっちゃかっこよくてかつ可愛くって最高です!

他のメンバーもかっこよくて本当に素敵なカンパニーだー!ってなれます。

 

チアステという舞台は最後のキャストは私たち観客なので

観客がいてはじめて完成される舞台です。

気になる人 迷ってる人で行ける方は迷わず行ってほしいです。絶対に楽しいです!

最近落ち込んでいて元気が無かったり

ちょっと大声だしてストレス発散したかったり

爽快感がほしいなーって方にはオススメです!!!!

 

複数回行く方はぜひグッズのメガホンがあるとより楽しめます(^○^)

19日までAiiA Theater Tokyoで上演中です!